世田谷 音楽教室 駒沢music school M-Bank

music school M-Bank Produce Music Noteに戻る

音楽周辺知識一覧
このページはこの「music note」作成中に気が付いたことを、調べてアップしています。なんとなく読んでおくと…ちょっと小ネタになるかな??と。お暇なときに読んでみて下さい。

数詞
「トライアド」「ペンタトニック」「ヘキサトニック」などと、音楽では時々これらのギリシャ語の数詞が用いられます。パソコンのハードディスクの容量でも「メガ」「ギガ」等といった言葉が出てきますので、ここでまとめておきます。
あまり必要のない知識ですが、こういうのは見ているだけでも面白いですね。なお、これらは国際単位系のSI接頭辞で定められたものに準じています。参考;百科事典

mono

モノ

 

hexa

ヘキサ

di

 

hepta

ヘプタ

tri

トリ

 

octa

オクタ

tetra

テトラ

 

nona

ノナ

penta

ペンタ

 

10

deca

デカ


11

undeca

ウンデカ

 

16

hexadeca

ヘキサデカ

12

dodeca

ドデカ

 

17

heptadeca

ヘプタデカ

13

trideca

トリデカ

 

18

octadeca

オクタデカ

14

tetradeca

テトラデカ

 

19

nonadeca

ノナデカ

15

pentadeca

ペンタデカ

 

20

eicosa

エイコサ


ペンタトニックが5音音階であるなら、ダイアトニックスケールは7音ですので、ヘプタトニックスケールですね。また12音の音階を強いて表現すると「ドデカトニックスケール」ですね。ドデカい…スケール。表記の細かい約束には触れていません。ご了承ください。

 

10

101

Deca

デカ

100

102

Hecto

ヘクト

1000

103

Kiro

キロ

1,000,000

106

Mega

メガ

1,000,000,000

109

Giga

ギガ

1,000,000,000,000

1012

Tera

テラ

1,000,000,000,000,000

1015

Peta

ペタ

1,000,000,000,000,000,000

1018

Exa

エクサ

1,000,000,000,000,000,000,000

1021

Zetta

ゼタ

1,000,000,000,000,000,000,000,000

1024

Yotta

ヨタ

1,000,000,000,000,000,000,000,000,000

1027

(Harpi)

(ハーピ)

1,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000

1030

(Grouchi)

(グルーチ)

1027からは正式な接頭辞ではありません。ちなみにお世話になっている「google」は10100を示す表記の一部とされる「googol」から来ているそうです。多くのデータと規模を扱う、というgoogleのイメージにぴったりですね。インターネットでちょっと調べるとこれ以上以下の数値の表記もたくさん見られます。

0.1

10-1

Deci

デシ

0.01

10-2

Centi

センチ

0.001

10-3

Milli

ミリ

0.000001

10-6

Micro

マイクロ

0.000000001

10-9

Nano

ナノ

0.000000000001

10-12

Pico

ピコ

0.000000000000001

10-15

Femto

フェムト

0.000000000000000001

10-18

Atto

アト

0.000000000000000000001

10-21

Zepto

ゼプト

0.000000000000000000000001

10-24

Yocto

ヨクト

0.000000000000000000000000001

10-27

(Harpo)

(ハーポ)

0.000000000000000000000000000001

10-30

(Groucyo)

(グルーチョ)

10-27からは正式な接頭辞ではありません。

音楽理論/作曲/アドリブ/不定調性のメール通信講座スタートしました。
メール通信講座内容はこちらから

音楽知識のスカイプ講座もおススメです。
スカイプ通信講座内容はこちらから 

 topに戻る Music Noteに戻る

テレビのバラエティ番組