包国先生

包国充(かねくに みつる)

SAX&フルート

長年の音楽界の現場での経験を基に初心者の方、現在趣味で吹いているがもう一歩うまくなりたい方アドリブに挑戦したい方、そしてプロ目指している方まで広い視野で見たPops ( Rock, Soul, Jazz,等) を中心に ジャンルを問わず基礎からしっかり それぞれの目的に合ったレッスンをしていきます。
包国先生.jpg
SAX(アルト・テナー・ソプラノ)
フルート

アルバム.jpg
<プロフィール>
サックス、フルート 1955年 3月22日 東京都世田谷出身
Sax を中村誠一氏に、フルートを堀江伶子氏に師事。幼少の頃バイオリンを習い、小学6年生の時ビートルズを聞いて音楽に目覚めギターを始める。大学在学中にサックスに転向し70年後半からライブハウスで活動を始め、1978年ロックバンド「クリエーション」に加入。
鳴瀬喜博、山岸潤史らとセッション重ね1980年松田優作の初ライブツアーに参加。
多数のアーティストのステージのサポート、レコーディングに参加し多くの録音等を残している。


1985年より竜童組在籍の後、1989年自己のグループ「ユーフォリア」を結成しメルダックより3枚のアルバムを発表。
サザンオールスターズのサポートを1988年より続ける一方、2009日本現代音楽協会主催のサクソフォンフェスタに出演し新たなジャンルにも活動の場を広げる。
2000年結成の「BeatNuts」を率い定期的にライブハウスを中心に活動し
2008ファーストアルバム「Power Zone」をコロムビアエンタテインメントより発売。
2010 Stanley Clarke Trio (Lenny White, 上原ひろみ) ブルーノート東京,オーチャードホール公演に参加。

HOMEに戻る > 包国先生

上達する方法

上達させる手段は沢山ありますが、大切なのは最初に受講生の状態を見て完成のイメージができるかどうかです。これは体験レッスンから始まってます。ボーカルであれば、歌を聴き、声・音程・歌い方・キー等をチェックして弱点を見つけます。これをどうすれば完成形になるかをイメージした上でレッスンするかどうかが上達のカギとなります。
同様に楽器係も同じことが言えます。つまり、最初に受講生の出す音を聞いた時、今後のレッスン(指導)カリキュラムが浮かんでくる講師陣でなければダメなのです。

それなりの専門家であれば、何となく家を建てても家らしいものは出来ますが、しっかりとした設計図に基づいて建てたものと比べたら、時間と内容が雲泥の差であることはお分かり頂けると思います。何事も計画的に“完成のイメージ”を持って進めていかなければ上達させることはできないのです。
せっかく始めるレッスンです!先ずは体験レッスンでスクールの雰囲気と講師の指導スキルを体感してください。初心者の方も大歓迎です!

LinkIconミュージックスクールM-Bankについて