坂井紀雄先生

  坂井紀雄

プロデューサーとしても才能を発揮

多くのアーティストのプロデュースをしてきた坂井先生はボーカルはもちろん作曲やアレンジ等もアドバイスします。またベーシストとしても有名。
sakaikousi.jpg


<プロフィール>
■1983年、NAZCAのヴォーカル&ベーシストとしてプロデビュー。笹路正徳(Key.)、土方隆行(Gt.)らと活動。その後多くのアレンジ、プロデュース、スタジオセッション(Bass&Chorus)を進める他、作詞/作曲等にも力を注いでいる。
■ヴォーカルプロデュース分野の第一人者としてZIGGY、PRINCESS PRINCESS、中山加奈子、奥居香、真矢、少年隊、SHAZNA、LINDBERG、上原多香子、サイコ・ル・シェイム、UVER WORLDなどを手がける。

■プロデュース/サポートしたアーティストは上記の他、大槻ケンヂ、La’crima Christi、かとうれいこ、FLIP FLAP、Whiteberry、甲斐よしひろ(KAI BAND)、高橋真梨子、童子-T、平川地1丁目、相田翔子、福井舞、unknown jam session、小田ちはるなど多数。
■また『仮面ライダークウガ』、『電光超人グリットマン』他の主題歌を歌うなど、活躍の幅を広げ続けている。
■現在も甲斐よしひろのツアーバンドに参加する合間に常時スタジオワークをこなす、第一線のプロミュージシャンである。

HOME > 坂井紀雄先生